マンション経営のメリットとデメリットについて

マンション経営による収入

マンション経営をするのは詰まる所、儲かるからです。もちろん、これはマンション次第ではあるのですが、かなり重要なことでもあります。いくら稼ぐことができるのかをはっきりと把握しておくことが今後の計画に大事になるわけです。収入ですが、家賃になります。しかし、そのまま丸々自分の利益になるわけではなく、そこから積立金や税金などを引く必要がありますから、意外と目減りすることになります。それでも戸数が増えれば利益は大きくなります。

税金に関することとしては

自前のマンションということになりますから、それに税金がかかることになります。固定資産税がかかりますから、どうしても結構な金額を毎年支払うことになります。これも家賃収入から賄う必要性があるのです。もう一つとして、建て直しなどに必要になってくる費用です。これもつ見てておく必要があります。また、収入自体に所得税がかかることになりますから、これも注意したほうが良いでしょう。非常に多くの税金を支払うことになります。

リスクが意外と高いマンション経営

マンション経営は安定して利益を生み出し続ける金の卵を産む鶏だ、と思っている人がいます。それも決して間違っている認識ではないのですが、確実でもないです。リスクが意外と高いことになりますから、それは覚悟しておいたほうが良いでしょう。つまりは、借りてくれる人がいない時期もあったりするからです。この割合が空室率であり、これを少しでも下げることができるようにするのが成功への秘訣になります。リスクはありますが安定すればリターンは大きいです。

マンション経営の仕組みを理解するには、大手の管理会社のセミナーに参加をしたり、利回りの良い物件の特徴を調べたりすることが肝心です。