注文住宅で気になるインテリアで気を付けるところは?

注文住宅はインテリアにこだわろう!

注文住宅を建築する時には、建売住宅とは違い、自由に設計をすることが出来ます。例えば、インテリアでもその建物の範囲であれば自由に造ることが出来ますね。せっかく自由設計なのだから設計士の言う通りに作るのでは無くて、こだわるべき所はしっかりとこだわった方がいいでしょう。もちろん予算の問題もあります。限られた予算の中でインテリアばかりにお金をかける訳にはいきませんが、出来るだけ理想に近づくような予算の配分をするべきでしょう。

イメージを膨らませるためにするべきこととは?

注文住宅のインテリアを設計する場合には、なにもない所からイメージが生まれてくることは滅多にありません。ですので、まずは見本となる何かを見てからイメージするのがいいでしょう。見本となるのは各工務店やハウスメーカーが所有しているモデルハウスが一番いいでしょう。モデルハウスのメリットは等身大の住宅を見ることが出来る点ですね。写真を眺めるのとは違い、空間を認識することが出来る点で優れているというわけです。

実用性についてもよく考えよう

モデルハウスを数軒見るとおおよそのインテリアのイメージが湧いてくるかもしれません。ですが、イメージした住宅は理想の住宅かもしれませんが、必ずしも使い易い住宅とは言い切れません。例えば、見た目は素敵なリビングでも、家事動線が不十分なリビングかもしれません。また、子供部屋を明るくしようとして大きめの窓を付けたり、多めに窓を付けても、背の高いタンスや勉強机を置くところが無くなってしまう可能性もありますね。そういった点も考慮しながらインテリアをイメージするとさらに良いでしょうね。

あらかじめ間取りや仕樣が決まっているものではなく、住宅を新築する際に間取りや材料を自由に設計できるのが注文住宅の良さです。