見落としがちなポイントとは!賃貸物件の死角

駐輪場の使い方は住人マナーの表れ

賃貸物件を探す場合、アクセスの良さや部屋の広さなどは誰もが確認するわかりやすい項目です。しかし、実際に住んでみると、想定外のトラブルや問題点が見つかる事も多いですよね。その対策として、チェックしておくべきポイントがあります。まずは住人マナーの確認です。下見に行くだけでは、住人と接することもなくマナーの確認は出来ないと思っている方が多いです。実際は、ある2つの場所をチェックすると、マナーの善し悪しがある程度確認できるのです。1つ目は駐輪場です。駐輪場に止めてある自転車がしっかりと整理されているか、子供の遊び道具などが散らかっていないかなどをチェックしましょう。

ゴミ出しマナーはトラブルの元

2つ目のチェックポイントは、ゴミ出しの収集スペースです。賃貸物件によって、ゴミ出しの時間やルールがそれぞれ決められています。住民がこれを守らずにゴミ出しすると、収集車が引き取ってくれないので、日中でもゴミ袋が置き去りになりますよね。物件の下見に行った際、このようなゴミ袋が大量に見つかれば、注意が必要です。確認のために大家さんにゴミ出しマナーの悪さを聞いてみる事をオススメします。夏場のゴミ出しマナーはトラブルの元です。しっかり確認しておきましょうね。

管理会社と大家の責任関係

そして、万が一トラブルに巻き込まれたり、クレームが発生した場合は、管理会社と大家に連絡しなければいけませんよね。その際、よくあるケースが責任の放棄です。管理会社と大家の両者で、どのような責任分担になっているのかをしっかりと確認して下さい。もしこれが曖昧になっていると、いざ問題が発生した時に、住人が振り回される可能性があります。このようなポイントをしっかりと確認しておけば、住み始めてから後悔する可能性も低くなります。

札幌市豊平区の賃貸マンションは、最新式の防犯システムが取り付けられているので空き巣などに入られる心配もなく安全な生活を送ることが可能です。