賃貸住宅は築年数よりも、リフォーム具合!

賃貸物件余りの時代だから

ついこの間まで、わが国は住宅不足が続いていましたから、圧倒的に貸し手市場で、家主は入居者募集にやっきにならなくても部屋が自然に埋まるという状況でした。でも、人口が減少に転じ、賃貸物件にも空きが目立ってきました。それでも新築の賃貸住宅は供給され続けています。借り手市場になりつつあるということで、借り手側にとっては好ましい状況が生まれつつあります。家主は空き室率を減らすために、結構本格的なリフォームをするようになってますよ。

長く住んでいるほど損

以前は、賃貸物件には、長く住んでいるほど得でした。新しい入居者の家賃は高いけれど、住んでいる人の家賃をそうそう上げるわけにはいかないから、古くからの居住者は安く住めることが多かったのです。ところが、人口減少で空き室率が上がったために、家賃の逆転現象が起こるようになりました。古くからの居住者の家賃は高いままで、入居者を募集している部屋の家賃は下げるということが頻発しています。古い設備のまま、高い家賃。これはどう見ても損ですね。

リフォームすれば新築に近づく

バス、トイレ、洗面、キッチンなどの水回りの設備を最新式のに交換するようなリフォームがなされている場合、まったくの新品なわけですから、部屋のその部分だけは、どこか新築のような感じになります。新築は人気があって競争も激しいので、築年数がかなりの物件でも、そうしたリフォーム具合を見て、選択肢に入れてもいいかもしれません。長く同じところに住んでいると、家賃は高いままで、設備も旧式なので、折をみて引越すのも良い選択でしょう。

旭川市の賃貸マンションは、賃貸なので一戸建てに暮らすよりも手続きなどが楽ですし、一人暮らしに最適です。