礼金ゼロ物件は登記簿を確認!?オーナー変更トラブルを回避したい

礼金がゼロには理由があります

賃貸物件を借りる際には、敷金・礼金が必要となることが一般的ですが、中には礼金ゼロという物件があります。築年数が古い物件ならば分かりますが、比較的新しい物件でも礼金ゼロで募集するためには理由があります。オーナーがアパートやマンションを建設する際に銀行などの金融機関から融資を受けて建設している場合には、原則礼金を取れません。礼金がゼロとなっている物件は築年数が原因か、借金をして建てていることが原因か把握しておく必要があります。

礼金ゼロ物件はオーナーチェンジが起きやすい

これから長く住もうと考えて賃貸物件を探している場合には、現在の空室率と礼金の有無を確認しておく必要があります。空室率が高く礼金がゼロの場合には、契約前に必ず登記簿謄本を見せてもらうと良いです。なぜなら、ローンを抱えた状態で空室率が高いと収益物件として売りに出されやすくなり、オーナーチェンジが起こるからです。オーナーチェンジ時には、次回契約の際に家賃が大幅に上がることが予想され、大規模補修工事により済みづらい期間が長くなりがちだからです。

交渉により礼金ゼロにする物件なら安心

手間と時間はかかりますが、最初は礼金1ヶ月で募集されている物件について交渉を行い礼金ゼロとなった場合には、優良物件といえます。信頼出来る不動産会社を探すことが難しくなっていますが、地元の小さな不動産会社を通せば交渉しやすくなります。大手チェーン店とは異なりオーナーとの繋がりが深い地元の不動産会社では、交渉段階で間に入ってもらいやすくなるので、優良物件を探しやすくなります。礼金が最初に1ヶ月でも設定されていれば借入は無いので、経営も安定していると想定出来ますから長期に安く済む環境として適しています。

札幌市北区の賃貸マンションは、防犯セキュリティだけじゃなく強度があって地震に強い賃貸マンションとなっています。